免疫力アップには適性な体重管理

当たり前のように言われている体重管理ですが、
内科で不調を訴えて、
特に所見が見当たらないと、
「痩せなさい」と言われちゃいます。
せめて、BMI24以下にしなさいと。

なんだかんだ言っても、
体重が多いと、超過している脂肪が
いろいろなところで、悪さをするんだとか。
心臓になんかすごく負担がかかるし、不整脈なんかそのせいもあるから、
まずは痩せてもらってから様子を見ましょうなんて言われちゃいます。

健康の基本が、適性体重の維持なんですね。

これって、簡単なようで、
まったく簡単じゃないでしょう。

美味しいものは食べたいし、
美味しいスイーツも目の前にたくさん出てくるし、
ストレス解消には、
素敵なスイーツと珈琲って決まっています。
それも、
家族が寝静まった夜にこっそり食べるのが
至福なときなんですよ。

でもね。
この時間帯は、カロリー摂取を必要としない時間帯。
脂肪を作り出すだけなんですよね。

ここは、知性との勝負。
知性に負けることが多々ある私としては、
ホントにつらいところです。

でも、
先日、はっきりと、
ドクターに痩せなさいと宣告されちゃいました。
このドクターにしっかり診察をしてもらうためには、
ダイエットに励み、
体重を減らし、適性体重ですけど、どうでしょうか
と聞かなければいけません。

ドクターも
むやみやたらに薬は出したくないですものね。
生活習慣を整えることで、投薬が不要になるんであれば、
それに越したことはありません。
ただただ薬を出してばかりいるドクターよりは
まともなお医者様です。

まぁ、そんなこんなことがありまして、
私は、なんとか、5キロは痩せたんですよ。
ぎりぎりBMI24ですが(苦笑)
でもね、そうすると、やはり、血液検査の結果は良好なんですね。
身体というものは正直ですよね。ホントに。

運動がイマイチ得意ではありませんが、
エゴスキューの体操が少し良かったのかな。
あとは、
食べるダイエット食品といいましょうか。
今では、ローカロリーの代替食品が結構出ていますから、
そういうのに1食置き換えたりして、努力しましたよ。
鳴れたら、案外、胃が小さくなったのか、
少食になってきましたね。