【放射能対策】長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』

乳酸菌「ナリネ菌」とは、ロシアでチェルノブイリ原発の被爆者の治療に使われている食品です。 ナリネ菌というのは、ビフィズス菌の中の乳酸菌の一つで特にこのナリネ菌はもっとも有効な乳酸菌として世界各国の医療で使用されています。

子供の放射能汚染がかなり危惧されている日本。内部被曝の深刻さがさまざまなところで報道されています。子供の尿からセシウムが検出されている事実も出ているので、より一層食物からの内部被曝も注意が必要です。

放射能汚染対策として、チェルノヴィリ原発事故の際にもナリネ菌をウクライナ全土の人に投与しているということです。

日本でも、福島第一原発が世界最高危険度のレベル7と判断され、これからの放射能汚染がどこまで広がるのか、心配されるところです。

健康被害を最小限にとどめるためにも、乳酸菌「ナリネ菌」を日常的に取るようにしましょう。

【放射能対策】長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』についてもっと知る


【放射能対策】長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』の効用

ナリネ菌というのは長寿の国アルメニア共和国で古くから摂取されている健康効果の高い乳酸菌です。

ナリネ菌善玉菌のビフィズス菌の増殖を手助けし、腸内環境を良くし悪玉菌を抑える働きをしてくれます。
ナリネ菌のすごいところは、人間が作り出すインターフェロンを作り出すことができ体の免疫機能を強化し生活防御能力を活性化し長寿を実現してくれるのです。

インターフェロンと言うのは病原菌などから体を守る防御機能の役割をしてくれるので、ナリネ菌はぜひ継続的に取りたい乳酸菌ということです。

また、 ナリネ菌はアレルギーにも効果的だといわれています。
また、ナリネ菌にはコレステロールの分解能力があるといわれています。
家族の健康維持のためにもナリネ菌を継続的に取りましょう。

長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』はこちらから


放射能対策『ナリネ菌』 おすすめリンク


Copyright (C) 【放射能対策】『ナリネ菌』|長寿の国の乳酸菌  All Rights Reserved.