おせち料理

豪華なおせち料理に舌鼓を打ったお正月だったでしょうか。
最近では、おせち料理も家庭料理というよりは、
業者に頼む方が増えているようですね。
昔ながらのおせち料理というよりは、
和洋折衷型が増えているようです。
中華のおせち料理というのもあるようですね。

でも、昔から伝わるおせち料理の献立には
健康的なものも多いですから、
それなりに、今後も献立に載せるようにはしたいですね。

普段あまり食べない黒豆は
ポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれています。
アントシアニン は肥満になりにくかったり、
目にもよく、疲れを予防してくれたり、
動脈硬化の予防などにも効果的なようです。
また、アントシアニンはお腹の脂肪沈着を抑制するという研究結果もあるそうですよ。
日常的にも積極的に食べたいですね。

他に日本の伝統的なおせち料理には
ごまめという小魚やたたきごぼう、レンコン、昆布巻き、紅白なますなど
野菜、海草、豆、など、1日に摂取したい食品がほとんど登場します。
日常的にも、バランスよく意識して取っていきたい食材が入りますから、
実は、健康バランスの良いおせち料理なのですね。
お煮しめなど、ふだんあまり野菜の煮物などを食べないかたは、
これを機に日常でも意識して作るようにしてもいいですね。
紅白なますの酢の物なども、健康効果は高いです。
お酢は、栄養分のエネルギーへの代謝を促し、
栄養分の必要以上な消化吸収を抑えたり、 カロリーをため込むことを抑えてくれるので
ダイエット効果もあります。
また、冷え性や便秘を改善したり、美肌にもいいというデータもあります。
積極的に取りたいですよね。

和食は世界遺産の無形文化財となりましたが、
それは、バランスの良い健康食材であるということが
世界に認められたということでもありますよね。
伝統的に伝わる和食も、しっかり、見直して、
免疫力アップ生活に役立てたいものです。

日本の伝統的なおせち料理で
日常の食生活の見直しにもなるといいですね。