2017年12月一覧

お酒も効果あり

クリスマスのごちそうで
ちょっと胃にもたれた方もあるかもしれませんね。

クリスマスのお酒の定番といえば、
シャンパンやワインでしょうか。
ワインなどをよく飲むヨーロッパなどでは、
ワインの健康効果が証明されていたりもしますね。
ワインはブドウに含まれている成分がそのままワインの中に残っているので、
ミネラル、ビタミン、ポリフェノール、レスベラトロールなどがたくさん含まれています。
抗酸化作用や、血圧をさげる作用
殺菌作用、抗ガン作用等、多くの効果 が期待されると言われています。
特に赤ワインのポリフェノールは高いといいますよね。
赤ワインはポリフェノールが高いので
免疫力アップや美容にもいいのですが、
白ワインもそれなりに良い成分があるようです。
白ワインに含まれる有機酸という成分が
腸内バランスをよくしてくれるというのです。
有機酸とは
オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・クエン酸・アミノ酸・リンゴ酸などのことを言います。
これを見ると一般的に健康によいと言われているのがわかりますよね。
これは赤ワインよりも効果が高いのだそうです。
ワインは赤も白も健康効果が高いということですね。

シャンパンに至っては認知症対策に効くみたいですよ。
赤ワインと同様、シャンパンには、レスベラトロールが多く含まれているので、
抗酸化効果が強く、血管をダメージから守ってくれます。
悪玉コレステロールを減らす効果があるので、ドロドロ血を改善してくれるという利点もあります。
そして、シャンパンを継続的に飲んでいると、なんと、記憶力が向上するという
タンパク質が相当数増加するという研究報告もあるようなんです。
これが、認知症対策にもなるとか。
どちらにしても、酒量はほどほどに、おいしく健康的な量でいただきましょう。

シャンパンやワインが健康効果が高いと聞くとなんだかうれしいですね。
堂々と食事の時にいただけますね。
ヨーロッパのように
ワイングラスを傾けながら、ゆったりとお食事を楽しみたいですね!